むくみを作らない歩き方と靴の選び方はこれ!ちょっとした裏技で足をむくませない!

“オシャレは足元から”という言葉があるように靴はオシャレをする上で大切なアイテムです。
ですが、オシャレを求めるが故に靴を「デザイン」や「格好」で選ぶと足に負担がかかりむくみができてしまいます。
靴に合った正しい歩き方を知らないために足に負荷がかかり、むくみの原因となってしまっているのです。

このページでは『むくみ』を発生させないために履いた方がいい靴と、負担がかかりにくい靴に合った歩き方。
また、歩き方や靴を気にしないでもむくみを発生させない方法について紹介していきます。

ヒールとぺたんこ靴がむくみを発生させる理由

靴には種類がありますが大きく分けて2種類あり「ヒール靴」と「ぺたんこ靴」とがあります。
それぞれにむくみの原因がありますので違いを確認してみましょう。

ヒール靴
ヒールが高い方が足を綺麗に長く見せてくれるのですが、ヒールの先はとがっているものがほとんどですから足の指が固定されるため血流も留まった状態になります。
また歩いていても足の指がうまく使えず、ふくらはぎもあまり使えていないことになり『むくみ』を引き起こしてしまうのです。
ふくらはぎを使えないと、太ももや股関節に負担がかかり足全体がうまく使えないので『むくみ』に繋がるのです。
そして高いヒールを履けば履くほど体の重心が前に行きがちです。

特に足の小さな方はオシャレなヒールがなかなか見つからずに少しサイズの大きな靴を選んでしまう事も多く、歩いているときにかかとがパコパコと浮いた状態で歩くことになってしまいます。
大き目のヒールを履いていると靴が脱げないように足の指に無理な力が入った状態で歩くことになります。

その結果足の筋肉を使うというよりは足全体で歩くことになってしまうため『むくみ』が発生してしまいます。

ぺたんこ靴
日本人の歩き方の特徴としてかかとを引きずって歩くことが指摘されています。
スニーカーなどの靴はヒールと比べると歩きやすく1日を通して考えると足が疲れた感じがしません。
ですが、ぺたんこ靴の場合ヒールと違いかかとが重心となって歩いてしまうためふくらはぎのポンプ機能が使えていないことが問題になります。
また、ぺたんこ靴の場合人それぞれの歩き方の特徴が出ますから間違った歩き方でも特に疲れを感じないことがあり、知らない間に『むくみ』の症状が出てきてしまうのです。

これらを考えると一体私たちはどんな靴を履くのが正解なのか、『むくみ』が起きにくい靴を選んだとしてそれはオシャレに向いているのか…と悩むと思うのですが実際どんな靴がいいのか、歩き方で気をつけることは何かを紹介していきたいと思います。

正しい靴選びと正しい歩き方

まず、靴を選ぶときには買いに行く時間が大切です。
店が開店してからや、お昼頃などをめがけていくことは実はいけないことだって知っていましたか?

夕方や遅い時間になると段々と足がむくんできます。足がむくむ前の早い時間に選んだ靴は、実際に履いたら夕方頃からむくみによって靴がきつくなってしまいます。
なので、靴を選ぶ時間帯は夕方あたりがおすすめです。

靴を選ぶ際には、つま先がきつ過ぎては足に負担がかかります。
ですが、ゆとりがあり過ぎると重心が前に行きがちになりますから、バランスに気を付けて選ぶのが大切です。
目安としてつま先が0.5センチほど空いているものを意識してみるといいでしょう。

そして靴の横幅は足の指が靴の中で上下に動かせるものを選んでください。

オシャレな靴はいろいろあります。
現代ではカタログなどでも靴は選べますがメーカーや靴の形によって横幅やサイズも変わってきますから、なるべく自分の目で見て試着してから買うことをおすすめします。

正しい靴を選んだら、次は歩き方です。
特に注意しなければいけないのは「足の置き方」と「筋肉の収縮」です。
歩くというのは、人の癖が大きく出る部分です。
足に地面を置くときに足先が内側を向いていたり、極端に外側に向いている方は体内の流れがスムーズに行かず、むくみが発生しやすくなってしまいます。

自然な足の置きかたは進行方向に向かってかかとを中心に置き、足の裏の左右にかかる体重がシンメトリーになるようにする形です。
体重の偏りができると、それだけむくみが発生しやすくなるのです。

また、筋肉の収縮というのは、地面を蹴る際にかかとを上げて、ふくらはぎの筋肉をしっかりと収縮させることを意識することです。
地面を蹴るということを意識すると、自然と筋肉の収縮が生まれます。

筋肉の収縮が生まれると、血液やリンパがスムーズに流れることになるので、むくみができにくくなるのです。

靴や歩き方を意識しないでもむくみを作らない裏技

いままで紹介してきた部分は、あくまでむくまない為の靴の選び方や歩き方です。
でも、靴や歩き方に関係なくむくまない方法があったら最高だと思いませんか?

むくみが身体の中の流れが悪くなって起きるならその流れを外的要因に関係なく良くしてあげればいいんです。
そう。むくみができない身体になることがむくみを作らない最も効率的な方法です。

そのためには体質をむくまない体質にする必要があります。
むくみのできない体質に変化してくれるものを使う。
それがむくみを作らない為の裏技です。

その裏技の答えはサプリにあります。
むくみを作らない。
むくみができたとしても全く苦痛になることのない、むくみサプリを使ってみませんか?
あなたのむくみの悩みが一気に無くなってしまうかもしれません。

〜まとめ〜


・自分の足が『むくみ』の症状があるのかを確認することが大切
・靴の形によって楽なものもあるが、歩き方によって『むくみ』が起きやすい
・むくみサプリを使えば靴に関係なくむくみの悩みがなくなる

『むくみ』を気にするのであればやはり、高いヒールはなるべく避ける方がいいのですがどうしても履きたいときってありますよね。このときは脱いだ時にヒールで固定されていた足の指を開放するように何分かかけてゆっくりと足の指を広げてあげましょう。
ぺたんこ靴の場合は体の重心が片方に寄りがちですから足裏のバランスが乱れてしまいます。歩いているときに重心を体の中心でもあるおへそに集中させることを意識してあるくことでぺたんこ靴でもしっかり歩くことができ『むくみ』が起きにくくすることができます。

オシャレは大切ですが可愛い靴を履いても見える足がむくんでいるとせっかくの可愛い靴も台無しです。
靴選びの際、注意しながら選ぶことでオシャレな『むくみ』づらい靴を選ぶことができます。
しっかり自分の目で確認して試着して自分に合った靴を選びとむくみを作らない為の工夫が大切です。