パンパンなふくらはぎのむくみは簡単に解消できる!

長時間座るデスクワークでふくらはぎがパンパン。。。
立ち仕事をしていてふくらはぎのむくみがひどい。。。

仕事柄どうしようもなくできてしまう痛くて辛いむくみ。
一刻も早くどうにかしたいですよね。

このページではそんな痛いほどパンパンになったふくらはぎのむくみで悩んでいる方に即効でむくみから開放されるむくみ解消法を紹介していきます。

あなたがむくんでしまう理由から、むくみの解消法を探していきましょう!

ふくらはぎがパンパンになるのはなんで?

私達の体は、血液やリンパ液が流れていますよね。

血液は心臓から送られるのは知っていますが、リンパ液がどうやって流れているかご存知ですか?

私も先日知ったのですが、リンパ液はリンパ管が静脈と繋がっているので心臓の働きで流れていくみたいなんです。

そう考えたら心臓ってとてつもない量の液体を体に巡らせることになるので、すごい働きを担ってくれてることがわかりますね。

でも、そんな心臓も血液やリンパ液を押し出すのが苦手な部位があります。

それがふくらはぎ。

私達の体は重力によって地面に引き寄せられることで立つことができます。
でも、重力によって地面に引き寄せられる力があるために、心臓はふくらはぎから血液やリンパ液を戻すことが苦手なんです。

血液やリンパ液の流れが滞るふくらはぎは、溜まった血流やリンパ液から余分な水分を血管・リンパ管の外に吐き出します。

吐き出した水分や、本来ならリンパ液と共に流れて腎臓に届けられる老廃物がふくらはぎの細胞の間に溜まってできてしまうのがパンパンになるふくらはぎのむくみです。

でもそれだと何で女性ばかりがふくらはぎのむくみに悩まされるのか納得がいきませんよね。

ふくらはぎがパンパンになってしまうのに性別が関係するのは、女性がむくみのできやすい体質であることが関係しています。

女性の方がふくらはぎがパンパンになる理由

ふくらはぎは第二の心臓。

そんなことを聞いたことがありませんか?

心臓ってどういうことかわからない?と思うかもしれませんが、実際にふくらはぎは心臓のような役割を果たしています。

ふくらはぎがパンパンになる理由だけを見ると、男性でも女性でも平等にふくらはぎのむくみに悩まされるはずです。

ではなぜ女性ばかりむくむのか。

それは、女性の方が筋肉が少ないからです。

ふくらはぎが第二の心臓と呼ばれているのは、ふくらはぎの筋肉の収縮によって血液やリンパ液が体の中心部に返されるからです。

これをふくらはぎの筋肉によるポンプ機能といいます。

女性は筋肉量が男性よりも少ない為、このポンプ機能がうまく働かない場合があるんです。

ふくらはぎのポンプ機能がうまく働かないケースは
・座りっぱなし
・立ちっぱなし
・筋肉の使いすぎ
の3パターン。
デスクワーク・立ち仕事・歩きすぎ。
どれもこの3つのパターンのどれかに当てはまりますよね。

筋肉の少ない女性は、ふくらはぎの筋肉を使いすぎても使わなくてもむくみを発症させてしまいます。

女性の方がふくらはぎがむくみやすいのは、筋肉量の差が原因だったんですね。

それではここからは
・座りっぱなしでできるふくらはぎのむくみ
・立ちっぱなしでできるふくらはぎのむくみ

この2つのむくみができるメカニズムを見ていきましょう。

座ったときにできるむくみの原因

長時間座っている状況が続いた場合、膝・股関節を曲げている状態が続くので、リンパ・血液の流れを止めてしまうことになります。

その為、重力の負荷と体液の流れを止める負荷の2つの負荷がかかり、ふくらはぎに余分な水分や血液が溜まっていきます。

その結果、ふくらはぎにむくみを生じ足がだる重く感じるのです。

簡単な解決方法としては「座る」動作をやめることですが、デスクワーク・飛行機移動・長距離の車移動など、どうしても座っていなくてはいけない状況では座らないでいることは不可能です。

その為、座っていてもむくみを発生させないための改善策を講じる必要があります。
※解決策の提示の前に、立ちっぱなしで出来るむくみの理由を紹介します。

改善策を知りたい方は下にスクロールして飛ばしてください。

立ちっぱなしでできるむくみの理由

座っている状態とは違い、立ち仕事の場合は足の筋肉の使いすぎからむくみを引き起こします。

基本的に、ふくらはぎのむくみは筋肉を使っていれば起きることはありません。

しかし、事が立ち仕事なら話は別です。
立ち仕事を行っている方は、常に「立ちっぱなし」「動きっぱなし」という状況にさらされます。

立ち仕事をしていてむくみが発生する人の多くは「筋肉が負荷に耐え切れていない」という現象が起きています。

その為、許容範囲を超えた筋肉への負荷が筋肉疲労を起こしてしまい、血液やリンパ液を身体の中心に送り返すことが出来なくなります。

このせいでむくみが発生してしまうのです。


パンパンなふくらはぎのむくみ解消法

簡単に足のむくみを解消する方法としておすすめしたいのは、むくみサプリを使った方法です。

むくみで悩んでいるあなたなら一度は耳にしたことがありますよね。

ふくらはぎがパンパンになるときって、どうしてもマッサージをしたり適度な休憩が取り辛いケースがほとんどだと思います。
むくみを何とかしたいけど、どうしようもない。

そんなあなたにこそサプリでのむくみ解消がおすすめです。

なんでむくみサプリがおすすめなの?

ふくらはぎのむくみは、理由はどうあれリンパの流れや血液の流れが悪くなることで発生します。

むくみサプリは疲れた足や血流が悪い状態が長続きしても、血液・リンパ液を流しやすい状況を作ってくれるものです。

むくみサプリを使用する大きなメリットは4つ。
・生活を変える必要がない
・手軽に続けられる
・即効性がある
・効果の実感が大きい

座りっぱなし・立ちっぱなしでむくみが発生していたとしても、体のめぐりが良い状態を作ってあげればむくみが発生することはありません。

仕事中にむくみを解消する為のマッサージができないなら。
血流を流す運動ができないなら。

ぜひむくみサプリを試してみてください。
その効果にきっと驚くとおもいます。

サプリを使わないでも出来るむくみの解消法

ここからはサプリを使わない、「座って出来るむくみの解消方法」と「立ってできるむくみの解消方法」を紹介します。

座って出来るむくみの解消方法にはどんな方法がある?
座る前や座りながら出来る予防方法や改善方法にはどんなものがあるのでしょうか。
長時間デスクワークを行う場合や長距離移動などで「座る」状態が続くことが考えられ場合に行って欲しい『むくみ』に悩む方にやってもらいたい3つの方法があります。

足の裏を床にしっかりつけること。

これは、足がしっかり床についていないと重力に負けつま先に余分なものが溜まり『むくみ』が出やすくなるからです。ですから仕事や移動の際には「座る」時間だけでも靴をスリッパや靴底の平たいものに履き変えておくことが大事なのです。その際に座ったときの太ももの高さが床と平行にするか若干上になるようにすればむくみづらくなるといわれています。

足を冷やさないようにすること。

ただでさえ『むくみ』がおきている状態の時は血流も悪くなっていますので冷やすことにより余計に血流を悪くしてしまいます。ですから厚手の靴下を履いたり、ひざ掛けなどで足を冷えから守ってあげることが大切です。
夏場のときはエアコンや扇風機などで室温が下がっていますので季節的にしょうがないとは思うのですが飲み物に温かいものを選んだりしてなるべく体を冷やさないようにしましょう。

ストレッチをすること。

これは長時間座っているとき、同じ姿勢でいると血流やリンパ液が滞り『むくみ』の症状を増長させてしまうからです。手を離せない仕事だったり、機内だと自由に動きまったりできないですよね。ですから座ったままで簡単にできるストレッチを紹介したいと思います。
無意識にやっている方も居ると思うのですが座っているときに足首を回してあげたり、足を小刻みに揺らしてあげたり(俗にいう“貧乏ゆすり”です)することによって足が同じ体勢になることを防いでくれるのです。またほんの少しでもいいので歩くこともいいといわれています。立ち上がることがなかなかできないという方もトイレなどで席を外すことは許されると思いますからその際にちょっと屈伸してあげたりモデルさんのような歩き方をしてあげることで『むくみ』が改善しやすいのです。

・座りながら足運動
これは主にデスクワークをしている方向けではありますが『むくみ』を感じた時に座った状態で両足を揃えてかかとだけを床につき左右交互につま先をスネの方向に起こします。これを数回続けるだけで筋肉を刺激し足首やふくらはぎの血行が良くなってきます。これはゆっくりやるのではなくトントンとテンポよくやることが大切です。
また、足首を回すことも筋肉を刺激しますからふくらはぎ全体を動かして『むくみ』解消へとつながります。
方法はこの2点です。
そして特にデスクワークやなど長時間座った状態でいることが多い方は座り方を工夫することが大切です。
好みによっては椅子は高めが好きな方も居ると思いますが、地面に足がぴったりついていないとふくらはぎの重さなどが太ももの裏側を圧迫するため血行が悪くなります。
なるべく椅子は低めで、慣れてくるようでしたら足がべったりつく位置よりもう少し低くし膝の裏に隙間ができるようになると太ももの裏もあまり力が加わらないので『むくみ』が減少するのです。


立って出来るむくみの解消方法にはどんな方法がある?
立ちながらできるむくみの解消法には主に3つの方法があります。

屈伸をする

立ち仕事をしていていると、お客様の接客をしない時間帯や、品出し・人の目に着かない時間が少しはあると思います。
そんなときは思い切って屈伸をしてみてください。
むくみは下半身に水分が溜まることで発生します。
女性の場合は特に足の筋肉の収縮が弱い為に足がむくみやすくなっていますので、足から水分を引き上げるイメージで屈伸を行うことでむくみの解消につながります。

着圧ソックスを履く

着圧ソックスはすでに使用している方もいると思います。
着圧ソックスの効果は足を締め付けて、筋肉では補いきれない足のポンプ機能を補助する役割があるのです。
なので、もしきついからといって緩めの着圧ソックスを使用しているなら、もう一段階締め付けの強いものを使ってみてください。
締め付けが強すぎると血流に問題がでてしまう可能性がありますが、ある程度の強さの着圧ソックスはむくみ解消に効果的です。

かかと上げをする

かかとをゆっくり上げてゆっくりおろす。
レジに立っていても出来るむくみの解消方法です。
筋肉疲労で水分を押し上げる力が弱っていても、意識的に筋肉を使用することで、足のポンプ機能を稼動させることが出来ます。
目安は20回くらい。
少し空いた時間にかかとの上げ下げを行うことでむくみの解消が見込めます。


〜ふくらはぎのむくみを解消したいなら〜

むくみの解消には体内の血液・リンパの流れを良くすることが必須条件です。
その為の手段としてむくみサプリが解消にとても効果的であると共に、むくみの予防方法としても効果的なものとなっています。

サプリを使わない方法もありますが、あくまで対処両方となってしまいますので、根本的な解決にはなりません。
また、サプリを使いながらストレッチやマッサージなどの方法を行うことで、サプリを使用していないときよりも高い効果を得ることも出来ます。

普段何気なくおこしている行動の中で『むくみ』に繋がることは沢山あります。
『むくみ』は放置しておくと体に溜まった余分な水分が行き場を失くし脂肪に変わってしまい落としにくいものになってしまうので、予防からはじめ改善していくことが大切なのです。